失敗は成功のもと!!

2008/02/02 06:21
『勇み足』でした。。。。。
今日書いた譜面をヒルトンに持っていき演奏しましたが、2ともイマイチ…。
ガッカリ、、、、
昨夜のHiltonはお客様の拍手が綺麗に揃っていて、『拍手のプロ』かと思うほどでした。
素晴らしいお客様を前に最高の演奏をしたかったのに。。。。。
もっと、もっと素晴らしいものを、歌を、音楽を、お届けしたかったのに…。

でもメゲてばかりはいられません
♪Lovers Concerto はくどかった変拍子の部分を、小泉さんのアドバイスも有って
スッキリと修正させました!!
小泉さん有り難うございます
♪You Raise Me Up は転調を2回もやらなくても良いのでは???っとまたこちらも反省です。
Bassの大角さんは
 『歌唱力のない歌手が何度も転調して、ドラマティックに仕立てるんだよ
  淳ちゃんはその必要ないでしょ?』
なぁんて、優しくて素敵に慰めてくれました。
大角さんも有り難う

共演のお二人に支えられ、今日も一日が終わりました。
さぁ、明日は池袋メトロポリタンでソロです。
今日の再アレンジを実際にステージで試す良い機会です。
明日も頑張ります
     JUNKO

   ブログランキングバナーb_04
スポンサーサイト

譜面書き…

2008/02/01 14:15
私は譜面を書くのが大の苦手で……した。。。
今は少し苦手……くらいになりました(ボソっ)。。。

プロとして歌い続けて20年余り。
その最初の10年なんて自分で譜面を書いたことなんて、、、なかったんです
だってミュージシャンの方が書いて下さったんです、勿論只で。
そういうものだと思っていました。

ところが自分でユニットを組むようになってからは、、、、、
っと言うか自分でアレンジとか作曲とかするようになって、、、でしょうか……。
書かないわけにいかない訳ですよね。

でもある人の一言で意を決して書くようになったのです
その人の名は池田篤(As)!!
もう10年位前ですが、Manhattanでのセッションの時に、
『自分でこうしたいってコードがあるならそれは書かなきゃダメだよ』っと一言。
から鱗でした。
今までは自分のコードなんか当てにならないと決め付けていて、
セッションなんかで譜面は出しても、弾き手に任せて好きに弾いて貰っていたのです。
自分とは違うその弾き手のそのコードで歌うのも好きだったんですよね。
(ただし、音楽的に信頼度の高い人の場合以外は良い結果はなし)
『そう来たんだ!、じゃ私はこう!』みたいな会話が楽しいんですよね、Jazzは!
でも、アッちゃんにそう言われて少しづつ意識が変わり始めました。

譜面の書き方は知っていたつもりでしたが、『解り易い書き方』は教えて貰いました。
牛ちゃんこと吉野ミユキ(As)女史に。。。。
お陰でいまはまぁまぁ、解り易く書けるようになりました。

アッちゃん有り難うございます。牛ちゃんもサンキュー!!

いつもギリギリまで譜面を書かない私ですが、今日は2曲も書いてしまいました(笑)
夜中に雪が降ったら私のせいです

今日書いた譜面~2008年の初アレンジLovers Concerto です。

           
     080201_1314~0001LoversConcertoScore1

私は失敗が凄く多いので鉛筆で書きます。
それから少し濃くコピーして色鉛筆でこんな風に注意を促します。
           
     080201_1315~0001LoversConcertoScore2


転調で悩んでいたYou Raise Me Up もやっと書き上げました。
(結局転調はA♭~A~B♭の半音2回転調にしました!)
           
     080201_1316~0001YouRaiseMeUp1

     080201_1316~0002YouRaiseMeUp2

あ~~、しんど。。。。。
今日はスポーツクラブお休みして昼寝してから仕事行こうかしら???
        JUNKO

      ブログランキングバナーb_04
 Home