スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水仙の神話

2010/03/15 06:51
深夜,車内のラジオで『今日の花』なんて話をしていました。
今日3月15日のお花は”ラッパ水仙”なんですって。


水仙の学名は”Narcissus”。 ギリシャ神話ナルキッソスから来ています。
ナルキッソス(英語名ナルシス。以下ナルシス)は水に映った自分に恋をしてしまい
やがて死んでしまうのではなかったかしら???


美しい少年だったんでしょうねぇ~。
ナルシスト”の語源でもありますからね。


ナルシスの有名な神話がありますね。
ちょっと紹介しましょうね。


森のニンフ(妖精,精霊,下級の女神などをさす)の一人エコー
彼女は美しい少年ナルシスの恋をします。


ところが,エコーは以前ゼウスのことでヘラの怒りを買い,
自分で言葉を発することが出来ず,
人の言葉をただ繰り返す(エコー)ことしか出来なくなっていました。


(ヘラの監視を逃れさせるために,唄を歌ったりお喋りをしたとも,
また噂話や嘘をいったとも言われているようですね。)


勿論,こだま木霊エコーはこれから来ています。

エコーは大好きなナルシスの言葉をただ繰り返す今年が出来ず,
ナルシスはエコーに馬鹿にされていると思い,エコーを嫌うようになります。


エコーは悲しみのあまりに,その姿が見えなくなり
ただその声だけが木霊となって残ったといわれています。


一連の事情を見知った,神に対する侮辱を罰する神ネメシスは,
彼-ナルシスを自分しか愛せないようにしてしまいます。


ある日,ナルシスは湖に写った自分の姿を見て恋をしてしまいます。
そして,その美少年から(実は自分自身)離れることが出来なくなり,
ナルシスはやせ細りやがては死んでしまいます。


ナルシスが死んだその亡骸のところからは
綺麗な水仙が咲いたそうです。


水仙の学名が”Narcissus”なのには
ギリシャ神話のこんな悲しい物語があったのを思い出しました。


何かとてもロマンティックですね。
悲しく美しいメロディーが生まれてきそうです。 
バラードでしょうね,やはり…。


  JUNKO


にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ
スポンサーサイト
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。