スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年の自己改革 禁煙

2008/02/03 04:11
2006年6月1日に煙草を止めました。
一日2箱くらいは吸っていましたからね、簡単に止められないと思っていました。
がぁ~、結構簡単に止められました。
禁煙は何度も試みました。
成功した禁煙は過去2回。

え!?
また吸ってしまったなら禁煙にはならないって??
確かに。。。。
つまらない理由でまた始めて凄く後悔したのですが、、、、、。
それが無ければ確実に止められていましたね。

禁煙してみて判りますが、


『止められる禁煙』と『止められない禁煙 
とが有るような気がするんですよねぇ~。
これは確かに私の場合ですが、、、、
きっと当てはまる人も少なくは無いはずです!!

つまり、止められる時はすんなり止められるってことです。

詰まる所『タイミング』だって私は思うのです。  

あまりお勧めしないのが『ストレスを伴う禁煙』。
吸いたくて吸いたくて、我慢に我慢を重ねて止めるのは、精神衛生上良くありません。
そんな時は『今は禁煙のタイミングじゃないんだ!』
っと軽~ぅく考えて、禁煙をストップした方が良いと思います。
2ヶ月か3ヶ月空けてまたやってみると良いと思いますよ。
何度かチャレンジするうちにはきっといいタイミングに当たりますよ

禁煙には『理由』や『大義名分』がつきものですよね。

あの時の私にも勿論『理由』は有りました。
先ずは2005年に亡くなった父の事。
父は脳梗塞でした。
元々高血圧症だったんですね。
この原因はの一つには煙草に因る血管のつまりなどともありますよね。

とにかく元気で元気で凄い元気で100歳まで生きそうな父がまさかの病気!
しかも一回の大きな脳の損傷をおい、寝たきりに。。。。
父は介護する私が煙草を吸うともの凄く怒りました。

父の為にも止めなきゃなぁ、という気持ちが生まれました。

次は、よせば良いのに吸い始めてから今までの総煙草消費料金を計算してみたのです。
一日300円で計算してみました。平均するとこのくらい。んで22年間。

300×365×22=2409000
に、240万!?

勿体無い!!!!!これじゃ、馬鹿馬鹿しくて止めたくもなりますよね。
でも決定打は『お金』じゃないんです。

父が2005年に亡くなって、その直後に

誕生日を迎えた兄が煙草を止めました。  
あの兄がねぇ、、、結構驚きでした。

そして間もなく七七日忌の法要がありました。
40名ほどの親戚縁者を前に、兄が私に囁きました。

『この中で煙草吸うのは淳子だけだね』  
これはかなりのショックでした!!

世の中禁煙の傾向にあるとは言え、

目の前にいる40名の中に一人も喫煙者がいない!!  
世の中から完全に乗り遅れた気がしました。
自分が『ダサくかっこ悪い存在』に思えました。


禁煙するには、理由は沢山あった方が良いですね。  
他にも2、3理由はありましたが、とにかく止められて良かった!!
禁煙したいと思っているあなた!! 少しは参考になりましたか?
     JUNKO 

   ブログランキングバナーb_04
スポンサーサイト
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。