スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歌詞の話…

2008/01/30 15:06
日本で『英語の歌』っを歌うという事に関しては本当に、色々な意見が有ります。
楽器の一部なんだから…』っという考え。
私も発音に拘りすぎて、『音楽』をお座なりにするのはどうかと思います。
音楽リズムだろう!!ってのが私の持論ですからね…。
リズムレスの音楽は余り好きではないのだと思います。
最もリズムの無い音楽なんてそんなには無いですから(笑)、リズムが揺れていて
ハッキリしない音楽がマズイって事です。

よくジャズの演奏家が、『ヴォーカリスト』の事を馬鹿にします。
音楽が解っていないので馬鹿にされるのではないだろうかと私は考えます。
確かにそう言う方も居るでしょう。これも事実ですね。
F』の前に何が来ると『F』にいきやすくなるのか?
とか循環コードって何なのか…とか。
』は決して独立した物ではなく、『音楽の一部』だと私は考えます。

話し変わって、演奏者に『歌詞も解らないで演奏している!』っと檄を飛ばした
ヴォーカリストがいます。
私の友人ですが!!大したもんだと思いました。
逆に演奏者で『この曲の歌詞を教えて下さい』っと或るトランペッターから
言われた事が有ります。
彼も共演者の1人ですが、凄いと思いました!
歌詞』を大切に『音楽を演奏する』って考えも有りますね。
誰だったか或る有名なサックス奏者が、レコーディングなんだかLIVEなんだか、
急に吹けなくなったのだそうです。
彼はその後一言…『歌詞を忘れちゃったよ!』っといったんだとか!!
それを思い出しました。
眉唾かもしれないし、言い訳かもしれませんが、
それが逸話として残っているってことが凄い!!!っと思っちゃいますね!!

私が今、これらを思い返して考える事は、『完璧』では無くとも、
ちゃんと』しなきゃって事ですね。
私は2005年9月にNYでレコーディングしてきて、日本に帰ったら直すべき修正点を
いくつか見つけてきましたが、その中に『発音』も
含まれていましたからね。
これらの修正点は、今後のCDに向けて勉強し直していきたいと思います。
一生勉強ですからね!頑張ります!!
     JUNKO

   ブログランキングバナーb_04
スポンサーサイト
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。