店内禁煙

2008/07/18 06:40
2008年になって店内禁煙になったお店が2軒有ります。
2軒ともたまに行くお店です。
正直嬉しいです。


一軒は西荻窪の Minton House
たまに出演させて頂いているお店です。
マスターは軽いと仰っておりますが、喘息の気がおありなんだとか・・・。


呼吸が余計に苦しくなっちゃいますからね。
マスター思い切って良かったですね。
私も禁煙通り越して嫌煙家になりましたから有りがたいです。


もう一軒は阿佐ヶ谷の Manhattan
ここは出演というよりセッションの時に行きます。
ここのマスターの望月さんは愛煙家です。


ここが望月さんの凄いところ!!
お自分は吸っていても、煙い人が居るなら店内禁煙にしようっと考えるところがっ!
いやぁ、ご立派!ご立派!! 素晴らしい


私も歌手として本当に嬉しい限りです。
私が煙草を止めたのは二年前ですが本当に止めれて良かった。
喉がも痛くなる事など殆どなくなりましたからね。


歌を歌っていると息を通常の呼吸とは違った感じで息を吸います。
もし運悪く煙を吸い込んでしまったら咳き込んで歌えなくなってしまうことも有ります。
これは煙草を吸っている吸っていないな関わらず起こりうることです


以前、あるお店で
『ピアノの近くのお席だけでも禁煙にして頂けませんか?』っと申し出たら、
『あなた煙草吸っているじゃない、そんなのダメだよ』っと言われました


吸ってても吸わなくても関係ないんですけどね。。。本当は…。
今度あのお店に行ったら堂々と『この席、禁煙にして下さい』って言えます。
でも呼ばれなきゃね、言えません(爆)。


っと言う訳で、時代は着実に禁煙へと移り変わっているんですね。
先日もよく共演する大角さんが『煙草が1000円になったら止める』っと仰ってました。
そんな日もあまり遠くはないのかも・・・???


   JUNKO
スポンサーサイト
 Home