スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亡くなった父に寄せて…      (02/08/2005)

2008/01/29 14:53
これは2005年8月2日にHPの掲示板に書いたものです。 
*******************************************************
俗名 海老原久六(ひさむ) 私のですが2005年7月15日午後10時39分に
肺炎の為この世を去りました。
享年80歳でした。
通夜と告別式は無事に終わりましたのでやっと皆様にお伝えできます。

は6年間寝込んでいました。。。
73歳まで現役で働き、元気で、酒も飲まず、ギャンブルもやらず
ただ家族のために一生懸命働いてくれました。

知識欲の旺盛なには何を聞いても答えが帰ってこない事がないほどでした…。
何か聞くたびに
『おまえ達は大学まで出してやったのに何にも知らないんだな』
っと笑って答えてくれました。

趣味とは言え、書道は師範、漢詩を作り、てん刻(雅号等を彫ります)、
観世流の謡い、仕舞い。

の作った漢詩がこのたび何作か出てきて、葬儀委員長をやってくださった
の同業者、小林繁先生が詩吟にして七七日忌の法要に披露して下さるそうです。

が好きでした。とても尊敬していました。
これからは父に恥じないようによりしっかり生きていきたいと思います。

私の書いた”I Wish~私の願い”の歌詞を告別式のとき棺に入れました。
あのをちゃんとした形で父に聞かせることが出来なかった事は
本当に残念でなりません。

LIVEでは少しの間、あのは封印いたします。
いくら私でも泣かずには歌えないと思うので…。。。
     JUNKO

   ブログランキングバナーb_04
スポンサーサイト
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。