可哀想なヤモリ君のはなし・・・

2011/09/24 17:56
【Junko Ebihara Website】 【9月のスケジュール(blog)】
【スケジュール(PC)】【スケジュール(携帯)】


私のうちにも実家にもそこここにヤモリ君は居ます。
家を守ってくれているんだなぁ~って
何ともなしにいつも微笑ましく見ています。

今日、コンサート後やっと少しだけ時間ができたので大掃除。
クローゼットのドアが中々開かなくて
2,3度バタバタしました。
やっと開いた。。。。
さて掃除機かけよぉ~・・・・・・・・・・・・


ガ~ン

う、嘘!!!!!!!!!!

クローゼットのレールでヤモリ君の後ろ足のあたりを轢いちゃったみたい

私はとにかく空いている紙の袋に何とか
ヤモリ君を入れて表に出ました。
通りかかったお人柄のよさそうな男性に

私 :『すみません!この辺りに動物病院ありますか?』

   (長年住んでいるくせに用がないと全く知らない・・・)


男性:『すぐそばにありますよ。どうしたの?』

私 :『お掃除していたら知らずにヤモリ怪我させてしまって…』

男性:『う~ん、そういうものは診ないかもしれないね。草むらに放してやれば?』

私 :『はい!そうします』



っと言って石神井まで駆け足
そして池之端に一度放しました。

しかし数分後また袋に戻して、今度はお医者にいきました。

なんだかこのまま死んでしまったらどうしようと
急に不安 になってしまったのです。

お医者の先生はとても良い方で、


『可哀想だから飼おうとすると弱ってしまいますよ。
 自然に帰してあげればきっとまた元気になると思いますよ。』


そして先生の指示通り
草むらの割りに深いところ
外敵から身を守れそうな所に放してきました。

ヤモリ君、元気で居てね。
そして…、またうちに戻ってきてね。


 JUNKO
br_decobanner_20100324080300.gif
にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ
スポンサーサイト

石神井公園の白鳥

2009/01/15 23:58
3,4日か前の事でした。

私は殆ど地上波見ないんですけど

たまたま見たニュースで

『公園に白鳥が!!しかし!!ここはなんと石神井公園!』

ってニュースが流れた気がします。

明け方とっても眠かったし夢でも見たのかしら??

だって誰も騒いでないんですもの…。

夢だったのかなぁ???

どなたか真相をご存知の方コメントして下さいね!

  JUNKO
ブログランキングバナーb_04
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ

石神井公園 ~ 照姫まつり!?

2008/04/28 10:22
昨日はいい日でしたね。
寝不足だったけれど朝起きてお布団干して、、、
お日様の匂いのする干したてのお布団で素敵な夢を見て。。。。。


久しぶりにゆったりと寛いだ一日を送りました。
気持ちが充実し、『満ちている!』って実感がありました。
こんな時人は、誰にでも優しくなれますね。


毎日こうだったら素敵ですね。
そう有りたいですね。
頑張ろうっと!!


さて、あまりに天気が良くて気持ちが良いので
久々に石神井公園を散歩してきました。
やけに人が多く、最初は日曜日だからかなぁ?っと思ったのですが違いました。


石神井公園はお祭りでした。 照姫まつり。
照姫とは室町時代の伝説上の女性で、
石神井城(東京都練馬区)城主豊島泰経の二女だったとか…。
伝説はこうです。


豊島氏は桓武平氏の流れをくむ平安時代以来の武蔵国の名族。
文明9年(1477年)4月、当主豊島泰経は江戸城主太田道灌との
江古田・沼袋原の戦いで敗れ、
舎弟の平塚城主泰明をはじめ多くの家来が討ち死にしました。


泰経は居城石神井城へ逃れ、道灌は愛宕山に陣を置き石神井城を包囲しました。
4月28日、道灌は総攻撃をしかけ、落城の刻が迫りました。


泰経は豊島氏重代の家宝「金の乗鞍」を雪のごとき白馬に置き、
これにまたがって城の背後の崖に登り、
道灌の兵たちが見守る中で白馬とともに崖から飛び降りて
三宝寺池に身を沈めたそうです。


泰経には照姫という美しい二女がいました。
照姫は父の死を悲しみ、父を追って三宝寺池に身を投げたといわれています。
文武の名将道灌はこれを憐れみ、照姫の亡骸を弔って塚を築いたそうです。


この塚はいつしか姫塚と呼ばれ、
そのそばに立つ老松に登ると池の底に泰経とともに
沈んだ金の鞍が燦然と輝いているのが見えると云い伝えられました。
この松の木は照日の松と呼ばれています。


しかし実際泰経は石神井城落城の時には死んでいないので、
その姫が悲嘆にくれて後を追うわけもなく、
照姫の哀話は伝説とされています。
照姫にあたる女性も豊島氏関連の系図類には存在しないそうです。


伝説上の人物だったのですね。
知らないで姫塚を拝んでました。
でもちょっぴりおセンチな伝説で素敵!


ここに住んでまる3年が過ぎようとしています。
いつも思います。
私の生まれた町-足利に似ているなぁって。。。
この辺りも寺社が多く、のんびりしていてちょっと東京じゃないみたい!


照姫の姫塚が石神井なら、織姫の織姫山が足利。
私の実家のすぐそばに登り口が有ります。
足利に居た時はいつもこの山から初日の出を拝みましたねぇ。


昨日は公園で素敵な集団にも会いました。
080427_1632~0001石神井公園で音楽を楽しむ方々
皆さんでペルーの音楽を演奏していました。
♪コンドルは飛んでいくや
♪花祭りなどは私でも知っていますからね、かなり楽しめました。


石神井公園での素敵な休日でした。
  JUNKO

ピーターパン~石神井公園のよく行くパン屋さん♪

2008/02/05 20:01
石神井公園の目の前にお気に入りのパン屋さん『ピーターパン』が有ります。
080204_1226~0001ピーターパン外観

駅の方や用がある時、また石神井公園をボート池の方まで歩く時などに主に寄ります。
実はこのお店の支店が小竹向原に有りました。
平成になったばかりの頃、この小竹向原店によく行きました。
親しい友人がこの辺りに住んでいたのです。

石神井公園に越した2005年の春、何気なく入ったこのパン屋さんに
『小竹向原にもお店有りましたか?』っと聞いてみると、
『有りましたよ』っとの返答。
縁があるってこういうことなんですね。

ちなみにこの日はこんなパンを買いました。
080204_1224~0001ピーターパンのパン
上段左からベーグル、シャンピニオン、ドーナツ、
下段左から、かぼちゃあんパン、スコーン、胡麻あんパン。
これだけ買っても535円なんです
安くて美味しいのがこの『ピーターパン』の特色です。

そして何より『優しい』お店なんです。
パンを買って包んで貰いトボトボ車まで歩き始めてから、
『ブログだ!』っときびすを返しお店に戻って撮影の許可と動機をお伝えしました。
快諾して頂き撮影。
その後です。

『焼きたてのスコーンがいまご用意できましたから、換えておきますね』っとこの配慮。
いやぁ、こんな細やかな気配りと優しい気持ちのある方々が
この『ピーターパン』で働いていらっしゃるのですから、
ここのパンが美味しいのも肯けますね。

スポーツクラブに向かう途中焼きたてのスコーンに舌鼓を打ちながら、
とっても幸せな気分になれました。
『ピーターパン』またきます。

ピーターパン
練馬区石神井丁3-2-6
電話:03-3996-7530
 


         JUNKO
 

        ブログランキングバナーb_04

雪の中の石神井公園散策~番外編【ゆきだるま】

2008/02/05 10:57
ワクワクしちゃった雪の日。
あの日、思ったよりは全然少なかったけれどいくつか見かけたゆきだるまが有りました。

先ずは木上に作られたこんな可愛い雪だるま。
080203_1624~0001雪の石神井公園木上の小さな雪だるま
センス良いですね!!

次は、一体何人で作ったのかこんな大きなゆきだるま。
080203_1629~0001雪の石神井公園大きな雪だるま
グルっと回ってみたのですが、顔が無かったのがチョッと残念!

これもまた載せておきましょうね、ゆきこけし!!
080203_1556~0001雪の石神井公園雪こけしその後1
新しい発想ですね。
作成者のカップルから聞いた話ですが、この土台の部分に3時間費やしたそうです!
素晴らしい!!
私からも拍手を送ります!!
(みなさんはこの記事の下の【拍手】をクリックして下さいね!)

ちょっとなんですが…
枯葉にまみれてチョッと美しくないゆきだるま。
080203_1732~0001雪の石神井公園枯葉で余り綺麗じゃない雪だるま
まぁ、雪が少なかったんでしょう。

ではお口直しに!!
行きつけの桃太郎寿司の駐車場で見かけた
とぉ~~~~~~~っても可愛い雪だるまで締めくくりです。
080203_2016~0001桃太郎寿司駐車場の雪だるま1
かっわいい!!
    JUNKO

   ブログランキングバナーb_04
[雪の中の石神井公園散策~番外編【ゆきだるま】]の続きを読む