店内禁煙

2008/07/18 06:40
2008年になって店内禁煙になったお店が2軒有ります。
2軒ともたまに行くお店です。
正直嬉しいです。


一軒は西荻窪の Minton House
たまに出演させて頂いているお店です。
マスターは軽いと仰っておりますが、喘息の気がおありなんだとか・・・。


呼吸が余計に苦しくなっちゃいますからね。
マスター思い切って良かったですね。
私も禁煙通り越して嫌煙家になりましたから有りがたいです。


もう一軒は阿佐ヶ谷の Manhattan
ここは出演というよりセッションの時に行きます。
ここのマスターの望月さんは愛煙家です。


ここが望月さんの凄いところ!!
お自分は吸っていても、煙い人が居るなら店内禁煙にしようっと考えるところがっ!
いやぁ、ご立派!ご立派!! 素晴らしい


私も歌手として本当に嬉しい限りです。
私が煙草を止めたのは二年前ですが本当に止めれて良かった。
喉がも痛くなる事など殆どなくなりましたからね。


歌を歌っていると息を通常の呼吸とは違った感じで息を吸います。
もし運悪く煙を吸い込んでしまったら咳き込んで歌えなくなってしまうことも有ります。
これは煙草を吸っている吸っていないな関わらず起こりうることです


以前、あるお店で
『ピアノの近くのお席だけでも禁煙にして頂けませんか?』っと申し出たら、
『あなた煙草吸っているじゃない、そんなのダメだよ』っと言われました


吸ってても吸わなくても関係ないんですけどね。。。本当は…。
今度あのお店に行ったら堂々と『この席、禁煙にして下さい』って言えます。
でも呼ばれなきゃね、言えません(爆)。


っと言う訳で、時代は着実に禁煙へと移り変わっているんですね。
先日もよく共演する大角さんが『煙草が1000円になったら止める』っと仰ってました。
そんな日もあまり遠くはないのかも・・・???


   JUNKO
スポンサーサイト

喫煙に関して思う事…

2008/06/25 02:27
私はこの Blog でも以前書いたように22年間喫煙していました。
この間煙草に支配され続け、身体を不健康にし、且つお金を無駄にしました。

煙草は勿論、誰にとっても有害です。
これは常識。

それを判った上で喫煙者の方々は吸っていらっしゃると思いますけれど、
なんか喫煙者は自覚が無い気がしますね。

私は2年前にキッパリ煙草を止めました。
自慢するわけでは有りませんが、止められて良かったっとつくづく思います。

煙草に支配されなくなったからです。
煙草に支配されたり、お金に支配されたりするのはイヤですからね。

「日本では『煙草吸っても良いですか?』っと聞かれる事は殆ど無いよね」
っと、先日横浜 Apple の洋子ママとも話が出ました。

外国では、『May I ?』っと聞かれますからね。
これは聞いた方が良いでしょう。

マナーですよね。
マナーが悪いと人に不快な思いをさせますからね。

決して、煙草を吸ってはいけないのでは有りません。
ただ他人に迷惑だという事を自覚した上で吸ってほしいと思うのです。

肩身の狭い思いで吸った方が良いとさえ思います。
その吐き出した煙で回りの人達が迷惑しているんですからね。

喫煙者の家族の中の非喫煙者の肺がんの死亡率が高いのはご存知ですよね?
あなたの喫煙で、もしも愛する人が亡くなったりしたら後悔しませんか?

最近、Taspoというものが出来た(出来る)そうですね。良いことだと思います。
面倒くさいからこの際止めるって人もいるんだそうですね。

煙草の価格ももっと高くした方が良いかも知れませんね。
煙草を止めたくても止められなかった時、
『煙草の値段が凄く高かったら買わないのになぁ』っと思ったものです。

喫煙者の皆様、十分にお気をつけ下さいませ。
喫煙から、禁煙、そして嫌煙になった JUNKO でした。

2006年の自己改革 禁煙

2008/02/03 04:11
2006年6月1日に煙草を止めました。
一日2箱くらいは吸っていましたからね、簡単に止められないと思っていました。
がぁ~、結構簡単に止められました。
禁煙は何度も試みました。
成功した禁煙は過去2回。

え!?
また吸ってしまったなら禁煙にはならないって??
確かに。。。。
つまらない理由でまた始めて凄く後悔したのですが、、、、、。
それが無ければ確実に止められていましたね。

禁煙してみて判りますが、


『止められる禁煙』と『止められない禁煙 
とが有るような気がするんですよねぇ~。
これは確かに私の場合ですが、、、、
きっと当てはまる人も少なくは無いはずです!!

つまり、止められる時はすんなり止められるってことです。

詰まる所『タイミング』だって私は思うのです。  

あまりお勧めしないのが『ストレスを伴う禁煙』。
吸いたくて吸いたくて、我慢に我慢を重ねて止めるのは、精神衛生上良くありません。
そんな時は『今は禁煙のタイミングじゃないんだ!』
っと軽~ぅく考えて、禁煙をストップした方が良いと思います。
2ヶ月か3ヶ月空けてまたやってみると良いと思いますよ。
何度かチャレンジするうちにはきっといいタイミングに当たりますよ

禁煙には『理由』や『大義名分』がつきものですよね。

あの時の私にも勿論『理由』は有りました。
先ずは2005年に亡くなった父の事。
父は脳梗塞でした。
元々高血圧症だったんですね。
この原因はの一つには煙草に因る血管のつまりなどともありますよね。

とにかく元気で元気で凄い元気で100歳まで生きそうな父がまさかの病気!
しかも一回の大きな脳の損傷をおい、寝たきりに。。。。
父は介護する私が煙草を吸うともの凄く怒りました。

父の為にも止めなきゃなぁ、という気持ちが生まれました。

次は、よせば良いのに吸い始めてから今までの総煙草消費料金を計算してみたのです。
一日300円で計算してみました。平均するとこのくらい。んで22年間。

300×365×22=2409000
に、240万!?

勿体無い!!!!!これじゃ、馬鹿馬鹿しくて止めたくもなりますよね。
でも決定打は『お金』じゃないんです。

父が2005年に亡くなって、その直後に

誕生日を迎えた兄が煙草を止めました。  
あの兄がねぇ、、、結構驚きでした。

そして間もなく七七日忌の法要がありました。
40名ほどの親戚縁者を前に、兄が私に囁きました。

『この中で煙草吸うのは淳子だけだね』  
これはかなりのショックでした!!

世の中禁煙の傾向にあるとは言え、

目の前にいる40名の中に一人も喫煙者がいない!!  
世の中から完全に乗り遅れた気がしました。
自分が『ダサくかっこ悪い存在』に思えました。


禁煙するには、理由は沢山あった方が良いですね。  
他にも2、3理由はありましたが、とにかく止められて良かった!!
禁煙したいと思っているあなた!! 少しは参考になりましたか?
     JUNKO 

   ブログランキングバナーb_04
 Home