恩師を訪ねて~足利第二中学校~岡田忠治先生

2008/08/02 09:44
もう5月のコンサートから3ヶ月近く経つんですね。
1年がとっても早いですね。
ここ毎年そう思います。


さて5月のLiveの時に足利第二中学校の岡田忠治先生も来て下さいました。
ニックネームは『岡忠』(先生すみません!)。
まぁ、私も『えびじゅん』って呼ばれたりもしますから…、お許しを。


先生は授業では技術家庭を見ていらっしゃいましたから、
私たち女生徒はあまり授業では教わりませんでした。
しかし、とても親密な感じがします。それには訳が有るんですが…。


『校内暴力』なんて言葉がもう有ったのかなかったのか。。。。
いや、まだなかったような気がします。
しかし確実に大変な時期に差し掛かっていたそんな中学時代でした。


色々問題の有ったクラスでした。
岡田先生は本当に大変だったと思います。
本当に色々有りました。


一人のクラスメートが県北の施設に入ったりしました。
彼の事はきっと皆が覚えているでしょう。
彼は或る日そこを脱出して足利に戻って来てしまった事がありました。


岡田先生が朝のホームルームで
彼を見かけたものがいないかと問われました。
私をはじめ皆がその朝彼を見たのですが、誰も手を上げない。


私は手を上げて彼を見たことを告げました。
私は勿論良い成績をとりたくてとか、先生におべっか使ったつもりではありません。
私はまだその頃14歳で彼に対して何も出来ませんでした。


彼のお家は酒飲みのお父さんが居ると聞きました。
家庭がダメ、学校でもはみ出てしまう、きっと苦渋の選択で先生は彼を施設に
入れたのではないかと、それくらいは判りました。


そして、彼の為に14歳の私が出来た事は
彼の事を本当に親身に考えてくれる大人の人に
彼を、彼の身柄を委ねる事だと思ったのです。


私は間違っていない確信があり手を上げて先生に告げました。
しかし、男子の数人は私のことを『ちくり』と言いました。
一週間くらいだったと思います。でも私は平気でした。


子供の癖に『傷をなめあうような庇いだては真の友情ではない』っと判っていたのです。
正義感?そんなご大層なものではないにしろ、
私は彼が可哀相だとそう思っていました。私は幸せな家庭に生まれましたからね。


彼は20歳くらいのときに亡くなってしまいました。
可哀相に。。。。。悪ぶっていただけで優しいところのある子でした。
私と同じグループのAさんが好きでした。


結局、、、、大した友人も出来ずに亡くなってしまったのでしょうか?
彼の事はその後は私もよく知りませんでした。
先生に会った時に少し聞いてみました。


先生が仰るには、彼は更生しかかっていた時に亡くなってしまったみたいなんです。
なんと不幸な。。。。
それが彼の人生だったのでしょうか。。。。


先生は私たちが一番忘れられないと仰いました。
バスケットボール部の顧問だった先生は
今でもこの年のバスケ部の生徒たちとの交流があるそうです。


バスケ部もとっても強かったんですよね。
先生は今でもとってもお元気で、あの頃と少しも変わらぬ感じです。
今でも子供たちに”ミニバス”を教えているみたいですよ。


コンサートにいらして下さったお礼に先生にご馳走させて頂きました。
ご馳走させて頂くというのも生徒冥利につきますね。
先生のお好きなカツを一緒に食べました。


先生は今でも輝いていました。
私も大学時代に少しだけ先生になろうと思ってみたことがありました。
なっていたらどうだったのでしょう?


先生はコンサートの時、写真やVIDEO(今はDVD)を撮って下さっていました。
今回もDVDを撮って下さり、それが video letter としてケーブルTVに流れました。
先生有り難うございました。


今度帰ったらまたお食事でも行きましょうね。
今度は典ちゃんのところに行きましょうね。
彼女も喜びますよ。


体当たりで、本当に一生懸命にやってくださった先生でした。
小学校の三島先生もそうでしたが、岡田先生も立派な先生でした。
そう、今度生まれ変わっても先生方にまた教わりたいと思っています。


先生いつまでもお元気で☆
そう、少し体重を落として下さいね。
お身体の為に。。。。


   JUNKO
ブログランキングバナーb_04
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

海老原さんはとても素敵な担任の先生に恵まれて幸せでしたね。(^^)
当時、足利は山辺中、西中に不良と呼ばれる生徒が多かったと記憶しています。二中にもそういう生徒がいたのですね。
私の担任の先生は、“生徒に暴力を振るう”“女子生徒をレイブしようとした”ということがありました。まだ教師の体罰が肯定されていた時代だったように感じます。



足利のSさんへ♪ 


足利のSさん♪ コメント有り難うございます。
そうですか、先生がね、、、、。
私は良い先生に恵まれていたんだと思います。
尊敬できる立派な先生に教わってきましたからねぇ。。。

悪い生徒というのも、元々根性が悪い子と言うのも居るかも知れませんが、
大抵はその家庭環境などで歪んでしまう事が多かったように思います。
何とか助けてあげれれば良かったのですが非力でした。
またいらして下さいね。



なかなか正しいことを勇気を持って言うってことが、できそうでできないです。
私なんかもその他大勢に飲み込まれてしまうことが多い気がします。
海老原さんらしい素敵なエピソードだと思いますね。ぜひ誇りに思ってくださいね。



もうやださんへ♪


もうやださん♪ コメント有り難うございます。
勇気も何も、、、私にはそれしか出来なかったし、
きっとそうしたい人はクラスに沢山いたんだと思います。
後になって、、、
そう20歳くらいのとき中学の仲の良かった6人くらうい集まった事が有りました。
その時に、I 君から
『あの時に海老原さんを庇ってあげられなくてごめんね』っと言われました。
皆解っていてくれたんですよ。
I 君も元気かな?



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます



Trackback

Trackback URL:
 Home