スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

”This Is It” MJ

2009/11/25 18:44
11月23日 ”This Is It” 見てきました。
感想はと聞かれると…,なかなか言葉が見つからないですね。
なんと言ってもこの映像の殆どは,
彼がまだ生きていてロンドンで公演していたら,
使われなかった部分が殆どなわけで・・・。


本編(LIVE in London かなんか)の合間にリハーサル風景として,
『一部』は見ること出来たと思いますよ。
彼はこれが公開されることを望んでいるのだろうか??
そこまで考えなくても良いのかも知れないけれど…
ちょっと…,私としては複雑。。。


ブログランキングバナーb_04
にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ
MJ のを見てきた後,アメリカの友人と skype で喧々諤々。
友人:『どうだった?よかった?』
私:『ん~,良かったけど…』
友人:『けど…?』
私:『MJ ってやっぱりダンサーなんだなぁって,私は思う…』


そうなんですよね。
MJ は凄いと思います。
しかしそう私が感じるのは”歌手”の部分ではない…。
だから,私は MJ にそれほどハマらなかったんだと思います。
でも MJ の凄さは勿論判っていました。


音楽的にも物凄くシビアに自分の音楽の追求をしている彼は
リハでも物凄く細かい指示を出し,
それに合わせるのにスタッフは皆,懸命でしたね。
その一曲一曲のイントロ,テンポ,ビート全て把握し,指示を出す彼は
まるでマエストロのようでした。


凄いですよね。
器用で何でも出来てしまった彼…MJ
作曲もしましたよね。
でも彼がキーボードを弾いて譜面を書いたりして作曲したわけじゃないと思いますが…。
おそらく彼がメロディーと歌詞を口づさみ,
誰かがそれにコードをつけたのでしょうねぇ~。


作曲は色々なやり方があります。
以前吉幾三さんが人形町の”かくれんぼ”にお見えになった時,
やはりこのやり方で(私が chord 展開をし吉さんが言葉をつけて歌っていく)
曲を口づさんで遊んでいらっしゃいました。
さてさて,話を元に戻して…


彼は結局何でも出来てしまったために
不幸でもあったのかも知れないですね。
多方面にわたりあれほどの才能を持った人はなかなか居ないと思います。
歌,ダンス,作詞, 作曲, アレンジ,


そして皮肉なことに黒人であるというコンプレックスが彼ほど
そう,彼ほど強い人も居なかったのかもしれません。
元々の MJ の顔だってハンサムで素敵だったと思うのになぁ。。。。
でも彼は,色々別な考えがあったのでしょうね。


あれだけの才能に恵まれ,あれだけの成功も収め,
でも MJ の心は平穏ではなかったのでしょうか?
彼の死の事実関係もまだ明らかになっていない部分があるそうですね。
でも判らなくても良いかもしれない。
判ったところで MJ はもう帰ってこないのだから。。。


ムーンウォークを横にスライドさせたようなステップが随所に見られました。
London 公演が大成功のうちに終われば,あのステップも流行っていただろうなぁ~。
”I’ll Be There” や ”Man In A Mirror” なんか私が歌っても良いかもしれませんね。
いつか歌ってみよう。
MJ の歌,彼の心,彼の悲しい心,彼の癒されない心。


MJ 安らかに眠ってください。
きっと,世界中の人が貴方を慕っています。
それを忘れないで!


  JUNKO
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。