スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月25日の出来事~ 調布市立杉森小学校卒業式

2010/04/14 09:49
【25周年25箇所の施設めぐりの流れ】
◇海老原淳子4月のスケジュール◇



3月25日木曜日。この日は調布市立杉森小学校の卒業式。
羽曽部校長先生の粋なお計らいで,
なんと私めがこの杉森小学校の卒業式に”来賓”として列席を許されたのです。


わ~~~~~~い!
嬉しくて,嬉しくて…前日殆ど眠れませんでした(半泣))))。


私のうちから調布までだと,線路をいくつも渡るんですよね。
2時間くらいはかかりましたね。


この日はとても寒い日でした。
前日に雪が降ったりしたのを覚えています。
学校内には車は入れられないので,近隣に停めていざ学校へ!


受付などして,来賓のリボンをつけて・・。
時間を待つ間に桜湯を頂きました。
おめでたい席には桜湯!これ基本です(笑)?!←桜湯好き


時間になり体育館に案内されました。
来賓入場は卒業生入場の前でしたね。
そして勿論卒業生の入場。


学年は全部で3クラスなので2組は真ん中。
私は来賓の2列目なので,彼らを見逃さないように必死で座りながらの背伸び(笑)。
必死でみんなの表情を見ました。


村松先生の袴姿も初々しくてよかったですね。
女性の先生もお若くて袴姿でしたが良く似合っていらっしゃいました。
学年主任の先生は,威厳がある感じでまたキリリとしていました。


羽曽部校長先生はモーニング!
先生お似合いでしたよ!
大町さんもご来賓…って言うか来賓の代表でご祝辞も!!!!
知らなかった!そんなにお偉い方だったのですね!!!!!


校長先生のご祝辞や,来賓のご祝辞は昔のまま。
校長先生と大町さんのお話も素晴らしかった!!!
また6年生の”旅立ちの言葉”(だったかな?)が素晴らしかったです!


司会担当の先生から『卒業生による”旅立ちの言葉”』
のアナウンスが入ると,一斉に卒業生が壇上に綺麗に並びました。
そして”呼びかけ形式”を含めたドラマ仕立ての素敵なショーが始まったのです。


卒業生たちは約150名。
その一人一人が少なくとも一言は喋って居るのだと思います。
そして強調する意味で,声を揃えてみんなで言う箇所もあって…
この”呼びかけ形式”がまた素敵でしたね。


これは全部で3部構成になっていて,
第一部は卒業生が母校に入学してから今までの思い出を綴っていくシーン。
何だか涙が出てきてしまいました。


第一部の終わりには小学生らしいとても素敵な唄で締めくくられていました。
素敵でした,校長先生,大町さん!
後でこの卒業式で使われた曲のタイトル教えて下さいね。


第二部は在校生・・っと言っても高学年でしょうね。
その呼びかけも含めたやり取りが素敵でした。
この最後にも歌がありましたが,これもいい曲でした,いい歌でした。


第三部はまとめって言うか最終章ですね。
この最後にも歌があり,この曲もとってもいい曲でしたね。
素晴らしい卒業式にアイラインやマスカラが取れるほど感激して(笑)。
また目の下が真っ黒になっちゃったみたい(笑)。


卒業生とは逢って話しできないかもしれないっと, 半ば諦めて居ましたが!
私ってラッキー!
6年2組のみんなを発見!!!!!
勿論すかさず声をかけに行きました。


みんな,可愛い!!本当に。
泣いている子も居て胸がきゅんとありました。
抱きしめてあげたかった。


私が小学校を卒業した時のことが脳裏に浮かびダブりました。
校庭でバラバラになる仲間と抱きあい泣き合ったあの頃。。。
空は何故か青く,その青さが憎らしくも思えたり・・・。


みんなどうしているんだろう?
逢いたいな。
もう会えない子も居るけれど。。。。桂子ちゃん。。。


さてまた話は戻って,杉森小学校の卒業式。
とにかく感動の連続でした!!!!!
素晴らしい門出に,私ごときが列席させて頂けたのが夢のようです。
羽曽部校長先生,有り難うございます。


調布市立杉森小学校のみんな,おめでとうございます。
特にゲストティーチャーでお世話になった6年2組のみんな,おめでとうございます。
担任の松村先生もおめでとうございます。でも寂しいって仰ってましたね。
判りますよぉ~,特別にいい子達でしたからねぇ~。


春は旅立ちの季節,そして別れの季節。
しかしまた新たに出会うことも沢山あって,華やかな季節。
私は春が好きです。


別れがあっても出会いもあるから。
そしてその別れは決して永遠の別れではないと知っているから。
だから調布市立杉森小学校6年2組のみんな!!!!!!


中学に行っても夢に向かって頑張って努力してくださいね。
出来る範囲でいいから・・・。
そして辛い時,悲しいとき,30人31脚の事思い出して挫けないでね!


もし挫けそうになったら,あなた方を愛してくれるご両親のことを考えてみて下さい。
そして松村先生や校長先生や大町さんのことも。
そして最後の最後でいいから,私のことも思い出して下さいね。
みんなあなた方を見守っていますからね。


さようならなんて言わないね。
だって杉森小学校に行ったら,すぐ隣の中学校に
きみたちのうちの約三分の一が居るって聞いたから・・・
きっとまた会えるよね。


みんなが苦しいことや辛いことに負けないようにいつも祈っています。
だから思い切り羽ばたいて下さいね。
みんなそれぞれの夢の中で思い切りね!!!!!


See you next time!
Good Luck!!


  JUNKO

br_decobanner_20100324080300.gif
にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

卒業式

調布市立杉森小学校の卒業式。
JUNEさんのブログを読むと、自分の経験した卒業式の感傷と重なって「仰げば尊し」の曲とセットで映像が頭の中をよぎります。

JUNEさんの若さの源は、子供たちとの接点が常にあるからですか、純な子供の感性を持ち続けて手放さないからですか。



Re: 卒業式

らんぽうさん♪ いつもコメント有り難うございます!

> JUNEさんのブログを読むと、自分の経験した卒業式の感傷と重なって「仰げば尊し」の曲とセットで映像が頭の中をよぎります。

そうですよねぇ~。”仰げば尊し我が師の恩~”でしたよね。

> JUNEさんの若さの源は、子供たちとの接点が常にあるからですか、純な子供の感性を持ち続けて手放さないからですか。

私は最近なんです,子供たちと接するようになったのは…。
仕事場とかも子供とは無縁に近いいわゆる”酒場”だし…。
だから,後者の方かもしれませんね。。。
でも”純な子供の感性を手放さないから”なんてかっこいいものではなく
ただ単に大人になりきれない,ピーターパンのようなそんな感覚かな??
若い頃はあんなに”大人になりたかった”のに
こんな歳して”大人じゃない”なんてね,変ですよね,へへへ。



Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。